▼ カテゴリー
・ Champion=チャンピオン
・ ROLL=ロウル
・ The Flat Head=フラットヘッド
・ HTC=エイチティーシー
・ AVIREX=アビレックス
・ LEVI'S=リーバイス
・ CAT'S PAW(=キャッツポウ)
・ 【グリース/ポマード等の整髪料など】
・ Barbour=バブアー(※現行の正規輸入モデル)
・ Barbour=バブアー(※過去に販売したモノ)
・ Dry Bones=ドライボーンズ
・ D-Lewis=ディー・ルイス
・ Lewis Leathers=ルイスレザー
・ vanson=バンソン
・ Schott=ショット
・ Alfonso's=アルフォンソ(ス)〜お財布、ベルト〜
・ AKER=エイカー 〜レザーベルト&サイフ〜
・ CHURCHILL=チャーチル・グローブ
・ レザーメンテナンス用品いろいろ
・ BACKDROP=バックドロップ
・ DENIME=ドゥニーム
・ CENTINELA "CHIMAYO" WAEVINGS=センチネラ
・ ORTEGA "CHIMAYO" WEAVINGS=オルテガ
・ SAINT JAMES=セントジェームス
・ FRED PERRY=フレッドペリー
・ BLACK FLYS=ブラックフライ
・ N.Y.HAT&CAP CO=ニューヨークハット
・ TAILOR TOYO=テーラー東洋
・ BUZZ RICKSON'S=バズリクソンズ
・ SUGAR CANE=シュガーケーン
・ INDIAN=インディアン
・ CHESWICK=チェスウィック
・ STAR OF HOLLYWOOD=スターオブハリウッド(by 東洋エンタープライズ)
・ King Louie=キングルイ
・ Style Eyes=スタイルアイズ
・ SUN SURF=サンサーフ
・ Whitesville=ホワイツビル
・ UNITED CARR by BUZZ RICKSON'S=ユナイテッド・カー
・ 東洋エンタープライズ(※その他ブランド)
・ ワンダラーズ (※チームジャケット)
・ SKOOKUM=スクーカム(当店別注スタジャン)
・ Delong=デロング (オリジナルスタジャン)
・ CRESCENT DOWN WORKS=クレセント・ダウンワークス
・ carhartt=カーハート
・ BARACUTA=バラクータ
・ FILSON=フィルソン
・ Dickies=ディッキーズ
・ MANASTASH=マナスタッシュ
・ LONE WOLF BOOTS=ローンウルフ
・ Red Wing Shoes=レッドウイング
・ CHIPPEWA=チペワ
・ Tony Lama=トニーラマ
・ Dr. Martens=ドクターマーチン
・ GEORGE COX=ジョージコックス
・ "VIBERG" Boots=ヴァイバーグ
・ NICKS BOOTS=ニックス・ブーツ
・ WHITE's Boots=ホワイツ
・ Wesco Boots=ウェスコ
・ Danner Boots=ダナー
・ RUSSELL MOCCASINS=ラッセルモカシン
・ VANS=バンズ
・ RED MOON=レッドムーン
・ 当店オリジナル製作ベルト
・ アクセサリー(1:身に付けるモノとか。2:雑貨とか。。。)
・ MOON EYES=ムーンアイズ
・ LUCKY 13=ラッキーサーティーン
・ FELON CLOTHING=フェロン・クロージング
・ グッドロッキン
・ SIERRA DESIGNS=シエラデザイン
・ Belstaff=ベルスタッフ
・ ORIGINAL LEATHER WALLET=オリジナル財布
ショッピングカートを見る
▼ 商品検索

▼BRAVO BLOG▼

代表:キムライアン
=《お知らせ》=
●わがホームタウン[茨城県日立市]が企画したイベントで、
 『新型コロナウイルス感染症・対応小売店支援事業』
 という名目で、
 【ひたちのまちで、お買い物 〜2021年版〜】
 というイベントが、令和3年6月21日(月)から始まりました。


●具体的に、どんなの?といいますと…
 以下のとおりとなります。
  ↓
 ・茨城県日立市内の、登録済み参加店舗にて実施。

 ・期間=令和3年6月21日〜令和3年8月31日まで。
  (※各店舗により早期終了あり)

 ・割引価格=
  1万円未満の場合⇒半額‼=50%引き!!!
  1万円以上の場合⇒一律¥5,000引き!!!

 ・適用=
  「日立市内に住居がある人」
  「日立市内に通勤・通学している人」
  (※実際には、詳しく調べません!)

 ・割引する例
  [税込¥8,000のお品物を1点、ご購入の場合]
  ¥8,000ー50%=¥4,000
  [税込¥20,000のお品物複数点をご購入の場合]
  ¥20,000ー¥5,000=¥15,000
  (※1万円以上のお品物複数点の場合は、数回に分けてお会計するという、裏技もあります!!!)


●今回のイベントは、日立市が行う特例でもありますので、
 「当店の場合は、店内全商品が割引対象!!!!!」
 とさせて頂きます。

●簡単に言いますと、以上のようなイベントとなっております。

●ただし、
 「期限=8月31日よりも前に、日立市から交付される補助金の、上限に達してしまった場合は、期限前にSALE期間を終了!!!」
 とさせて頂きますので、その旨をご了承下さいませ。
●そんなワケで、
 『当店、パッと見は、かなり入りにくいお店ですが、コレを機会に、ぜひ、ご来店下さい!』
   という、イベントの主旨でもあるのですね。

●確かに…
 初めて入るのには、このお店、けっこう勇気がいるかも、ですね!
 けど大丈夫!!!!
 『そう…誰だって、最初は…初めてなのよ♡?』
 ってコトで、宜しくお願い申し上げます。


以上、当店代表[キムライアン]でした。




▼BRAVO PAGE▼
モバイル版はこちら!!
ホーム"VIBERG" Boots=ヴァイバーグ【ヴァイバーグ】 #83 エンジニア別注第一弾:黒クロメクセル 〜フラットヘッドのWネームがイイ!!〜
【ヴァイバーグ】 #83 エンジニア別注第一弾:黒クロメクセル 〜フラットヘッドのWネームがイイ!!〜
※今回入荷のモノは、外箱にブランドロゴがプリントされてません。ご了承を。


●このブランド、、、
日本では、まだあまり知られておりません。



●〜〜〜《“VIBERG BOOTS”の歴史について》〜〜〜
・・・・【その1】・・・・・
ニューヨーク州の斜め上にある、カナダ東部:ケベック州・シェルブルックという町で、『Ed Viberg』という人が、1930年にスタートさせたお店が、その発祥なのであります。
→だから、その名も、、、
『VIBERG BOOTS=ヴィバーグ・ブーツ』というのであります。

・・・【その2】・・・・・・・
このお店、、、
もともとは『馬具屋さん』だったそうですが、その技術を生かして、ワークブーツの製造も始めていたそうです。
→ブーツなら、、、
『馬具を作るのと同じ道具で、ある程度作れるし、靴のほうが“消耗品”だから、さらに儲かるかも!』
と考えたのか?ってきっかけでしょうね。。。

・・・【その3】・・・・・
この創始者の『ヴァイバーグさん』って人、スウェーデン系の移民らしいです。
→第一次大戦の始まる、1914年にカナダに移住したらしいです。
・・・・・・【その4】・・・・
その後、1970年ころに、カナダ西部:ブリティッシュコロンビア州ビクトリアに引っ越して、そして、息子さんの『Glen Viberg』さんも加わって、、、現在に至る!とのコトです。
→このブリティッシュコロンビア州、、、
『その下には、アメリカ:ワシントン州がある場所!』
に位置しております。

・・・【補足】・・・・・
そんなワケで、この創業者の息子:グレンさん、、、
『ワシントン州にある、超老舗ワークブーツメーカー:ホワイツにて、職人経験あり!』
というウワサです。
→まさに、、、
『靴そのものの作りを見れば、それも納得!』
という一品に仕上がっております。
※:価格についても、、、
『ホワイツ社のブーツと同価格帯!という、なかなかの強気なプライス!』
となってしまうのは、お許しください。





●ワークブーツの最高峰ブランドとして名高い【WHITTE'S】もオススメですが、それとはまた微妙に違った雰囲気で、この『ヴァイバーグ・ブーツ』もオススメできますッ!
→細部に渡る、作りの丁寧さも、まさに『ホワイツ譲り』で【最高峰】なのは、当然であります。




●そんなブランド『ヴァイバーグ』ですが、こちらの一品は、このブランドの当店おすすめモデルとなります!
→品名は、、、
『ENGINEER=エンジニア』といいます。




●〜〜〜《当商品について》〜〜〜
・・・・・・【その1】・・・・・・
デザイン的には、、、
『ベルトが2本付いて、、、』
『ごっついソール&ヒールがあって、、、』
『重厚なレザーで仕立てられた、、、』
という感じの、、、
『ハイッ!これがエンジニアブーツです。』
と言わんばかりの、基本に忠実なデザイン。
→この、、、
『これぞ、ワークブーツ!』
といった雰囲気が、タマリませんねッ。
                    
・・・・・【その2】・・・・・
ワークブーツといえば!の、、、
『1・2番人気を争うこのデザイン、“通称:エンジニアブーツ”!』
といえば、誰もが連想する、王道デザインです。
→結局は、、、
『こんなシンプルな一品が、いつまで経っても、愛着が沸いて、手元に残る。。。』
と思いませんか??
                     
・・・・【その3】・・・・・
この様な、、、
『靴ヒモがない、“グッと引っ張って”履くタイプのブーツ』
の総称を、一般的に、“PULL-ON”ブーツといいます。
→理由はカンタン、、、
『PULL=引っ張って』
『ON=身につける』
というワケで、“プルオン”ブーツといいます。
※ちなみに、、、
ヒモがないタイプのスニーカーは、、、
『足をスルッと滑り込ませて履くので、“SLIP-ON=スリッポン”という!』
のは、日本人が気付かずに使っている、正しい英語です。
                      
・・・・・【その4】・・・・・
ソールは、、、、
『シンプルなワークブーツの基本=ビブラム:430番ソール=MINI LUG SOLE』
となっております。
→それを、ホワイツ社同様に、、、
『“0番クラスの極太糸”で、ステッチダウン製法で、2重にステッチ!』
という、本格仕様となっております。
                     
・・・・・・【その5】・・・・・
《画像2:左上》を見てのとおり、、、
『ソールの縫い合わせは、2重ステッチによる、ステッチダウン製法』
となっております。
→この製法、、、
『グッドイヤー製法よりも、靴本体とソールの合わせ目からの水の侵入を防ぐ!』
という意見も多い、信頼性の高い製法でもあります。
(※:老舗アウトドアブーツメーカー【Danner=ダナー】の名品達も、この“ステッチダウン製法”だったりします。)
                         
・・・・・【その6】・・・・・
そして、、、
『使用されるレザーが、当店的には特にオススメのポイント!』
でもあります。
→この素材となっているレザー、、、
『HORWEEN=ホーウィン社の、“ANILINE CHROMEXCEL=アニリン・クロメクセル”レザーを使用している!』
のであります。
                         
・・・・・【その7】・・・・・・・
なお、このレザー、、、
『革の厚さを測るゲージで測定しましたところ、“2.5〜3mm”厚もある、重厚さ!』
でございましたので、かなりの耐久性を期待できます!
→ちなみに、、、
『ワークブーツの基本=レッドウイングのエンジニアブーツも、やはり2.5〜3.0mmくらいの革厚!』
となっておりました。
                        
・・・・・・【その8】・・・・・・・
そこで、、、
この『ホーウィン』社とは何か???
〜〜〜《答え》〜〜〜
・アメリカにて、1905年創業(※:レッドウイング社と同じ!)の、老舗の皮革業者なんです。
・わかりやすいところですと、、、
2005年に、レッドウイング社からリリースされた、『100周年記念モデル』のエンジニアブーツなどが、この『ホーウィン社の、クロメクセル・レザー』を使って生産されてましたのが、記憶に新しいですね!
・そんなワケで、、、
あの、『レッドウイング・100周年記念、エンジニアブーツ』を買いそびれてしまった人にも、オススメなのであります。
・また、、、
『東洋エンタープライズ社がリリースする、コダワリのブーツブランド:LONE WOLF=ローンウルフのエンジニアブーツも、この“クロメクセル・レザー”を使用している!』
という点も、マニアなら押さえておくべき情報です。
                      
・・・・・【その9】・・・・・・・・・
つま先部分にも、コダワリがありまして、、、
『標準仕様ではない、“TURNED-UP TOE”という仕様にして製作!』
となっております。
→この“ターンナップ・トゥ”に関しては、、、
『つま先が、標準仕様よりもシャープな感じで、ちょっと上を向いた感じがカッコイイ!』
と思いまして、この仕様で指定しました。
※:ワタクシ的には、、、
『ちょっと“上を向いたつま先”が、アニメの“ルパン”っぽくてカッコイイかも!?』
と思ったりもします。
                         
・・・・・【その10】・・・・・・・
この“TURNED-UP TOE”仕様の場合ですと、、、
『スティールトゥは入れられないので、標準装備の強化トゥキャップ入り!』
となっております。
→このトゥキャップでも十分な硬さで、、、
『鉄工所で働くような、危険なお仕事の時に履くブーツ!』
が必要でもない限り、まさに十分かと思われます。
                           
・・・・・【その11】・・・・・・・
ステッチの色も、ひそかに指定しておりまして、、、
『茶色がかったクロメクセル・ブラックレザーに似合うように、アッパーの縫製糸は、ブラウンで!』
『また、ソールの縫製糸は、シンプルなホワイトで!』
となっております。
・・・・【その12】・・・・・
また、重要なポイントとして、、、
『ミッドソール・レザーは、標準の1枚から、1枚追加の“ダブルレザー・ミッドソール”仕様にて製作!』
となっておりますので、スペシャルな雰囲気満点です。
(※:そのソール&ヒールの厚さで、シークレットブーツ的に身長UP可能!)
→さらに、、、
『クロメクセル・ブラックレザーの色合いにハマるように、ソールエッジは“ブラウンに着色”して仕上げてある!』
のも、ひそかなポイントであります。
                          
・・・・・【その13】・・・・・・・
ベルト部分のバックルに関しては、、、
『ニッケル=銀色と、ブラス=金色が選べますが、当店の考えで、“ブラスバックル”で製作!』
とさせて頂きました。
→コレもやはり、、、
『クロメクセル・ブラックレザーとの、色の相性』
を考えての選択でございます。
                           
・・・・・・【その14】・・・・・・・・
また、ポイントの一つとして、この一品は、、、
『ヴァイバーグ・ブーツの日本輸入を担当する会社の一社となっている、あのコダワリのメーカー=“フラットヘッド”を経由して、当店に入荷してきた一品!』
なのであります。
→その証拠として、、、
『ブーツのシャフト部分正面にあるブランドロゴに下に、“The Flat Head”の刻印も入っている!』
のであります。
→つまりは、、、
『あのフラットヘッドとの“Wネーム仕様”になっている!』
という考え方もできる、希少価値すらある一品となっております。
                        
・・・・・【その15】・・・・・・
ハイトに関しては、、、
『当店の考えとして、エンジニアブーツ=ロングブーツならではの、ミニマムなデザインのカッコよさ!』
をより感じる、“11インチ・ハイト”にて製作して頂きました。
→なお、、、
『日本で販売されるヴァイバーグ・エンジニアは“9インチ”が多いのに、なぜ“11インチ”にしたのか?』
という点には、さらに理由がありまして、、、
『フラットヘッド経由のエンジニアは、標準仕様よりも、“シャフトが細く設定してある”ので、シャフトが長いほうが、よりカッコ良さが際立つ!』
『さらに、“フラットヘッドの刻印”も入るので、9インチハイトでは、見た目のスペースがちょっと狭く感じる!』
という理由があっての、“9インチではなく、11インチ仕様!”なのであります。
                            
・・・・【その16】・・・・・
そのようなワケで、、、
『ヴァイバーグ社のエンジニアは、標準仕様では“ボテッとシャフトが太すぎて、ちょっとカッコ悪い”かも。。。』
といわれる人も少なくありません。
(※:実際に試着すると、スソがモコモコして収まりが悪いです。)
→しかし、、、
『フラットヘッド社を経由して入荷するエンジニアは、すでに“シャフトを細く”して製作するように別注してある!』
という理由のため、非常にカッコイイのであります。
(※:他者様の取り扱いされる“標準仕様のエンジニア”の、ぶっ太いシャフトと、ぜひ比較してください。)
                             
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
、、、以上、[画像1.2.3]にてご確認下さいませ。





●〜〜〜《商品の詳細》〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・ブランド名:VIBERG BOOTS =ヴァイバーグブーツ
・品番 :#83
・品名 :ENGINEER
・素材 :HORWEEN CHROMEXCEL=ホーウィン社のクロメクセルレザー=牛革
・色 :基本のブラック!
・ソール :ビブラム#430+ダブルレザーミッドソール
・ハイト :9インチではなく、こだわりの11インチ!!
・ソールエッジ塗装:あえてブラウン!
・本体の縫製ステッチ色:ブラウンにて指定。
・ソールの縫製ステッチ色:ホワイトに指定。
・その他 :“フラットヘッド”とのWネームもの! シャフトは“標準よりも細め”の仕様なので、11インチハイとにすることにより、よりカッコ良さが目立っております!!!
・定価 :¥111,300(=本体価格:¥106,000)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






●〜〜〜《今回使用している、“ホーウィン社クロメクセル”というレザーについて》〜〜〜
・このレザー、、、
『革本来の、自然な風合い』
を、そのまま残して生産された牛革となっております。
                   
・なので、、、
『レザー=天然素材本来の、“不均一さ”』
が非常に見受けられます。
→それは、“シワ”や“製作時の擦れ・キズ”のコトです。
                           
・一般的なレザーに比べますと、、、
『このレザー本来の特徴を理解されていない場合は、見方によっては、“不良品”と思われかねない雰囲気』
もあるかと考えられます。
                       
・しかし、今回の製品に関しましては、、、
『メーカー側の考えで検品をパスし、製品化されたモノですので、それらに関してのクレームは対象外』
となりますので、その旨をご了承下さいませ。




●〜〜〜《実寸について》〜〜〜
☆以下の数値は、、、
『すべて、“外側”から採寸したデータ』
『さらに、過去に入荷した物から現品までのデータの平均値』
である事を、ご理解下さいませ。
====================
★サイズ=【8.0-D】の場合は、、、
・高さ=約28.5cm=カカトは含まず。
・アウトソールの長さ=約30cm
・ヒールの高さ=約4.5センチ
・ソールの厚さ=約2センチ
・重量=約2.84kg=両足合計。
====================
(※:採寸のしかたによっては、多少の誤差はあるかと思われます。)






●〜〜〜《アフターサービスに関しまして》〜〜〜
・当店では、永く使うための、『ソール交換』『ヒールのみの交換』にも対応いたしますので、アフターケアもご安心下さい。

・これは、高価なブーツを販売するお店の『義務』だと思っておりますので、『対応できません』では許されませんよねッ!!!
(※:『個人売買』『中古買取直販店』等では、当然ですが、対応してくれないとは思いますが。。。)





●〜〜〜《その他》〜〜〜〜
・ココで一つ、お勉強をッ!
                       
・『WESCO』『WHITE'S』『NICK'S』のブーツに付属される、あのパーツ、あの『ヒモの部分にくっつける、ほうきみたいなヤツ』について、です。
                              
・アレの名前、、、
 【正】=『FALSE TONGUE=フォールス・タン』
っていいます。
→決して、、、
 【誤】=『ファルス・タン』
 ではありません。
  ※:ネット上の辞書で、“発音検索”してみると、お分かり頂けます。

 
 
 
 

・ 型番
#83-11"-BLKCRMXL-1st.Ver
・ 定価
116,600円(税10,600円)
・ 販売価格
116,600円(税10,600円)
・ 購入数
・ COLOR
・ SIZE